Event is FINISHED

第12回東洋経済CSRセミナー「日本橋CSR研究会1年間の研究発表」

Description
◆内容

 2014年1月から始まった日本橋CSR研究会は、これまで多くの分析・議論を行ってきました。特に2018年からは3チームに分かれ大きなテーマを研究するようになりました。今回のセミナーでは日本橋CSR研究会が2018年に行ってきた調査研究について、それぞれのチーム代表者が発表いたします。研究テーマは、何らかの形でCSRにかかわるメンバーが興味ある内容を取り上げています。CSR担当者なら知っておきたい情報ばかりです。

 今回は東洋経済サステナビリティフォーラム会員(2018年東洋経済CSR調査回答企業)は無料とさせていただきます。皆様のご出席を心よりお待ちしています。
サステナビリティフォーラム会員は、2018年の東洋経済CSR調査にご回答いただいた企業に所属されている方が対象となります。詳しくは「東洋経済サステナビリティフォーラム」をご覧ください。無料の会員向けサービス「CSR Fileダウンロードシステム」もご提供しております。

 本セミナーは企業のCSR担当者、大学の研究者や学生などを主な対象としていますが、幅広い方にご出席いただけます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。


◆概要
  • 日 時:2019年1月30日(水) 14:00~17:00(受付開始13:30)
  • 会 場:社団法人経済倶楽部ホール(東洋経済ビル9階)
         東京都中央区日本橋本石町1-2-1
         (最寄駅:地下鉄半蔵門線「三越前駅」B3出口から徒歩0分など)
  • 参加費(Peatix):サステナビリティフォーラム会員[無料]、一般[2,000円(税込み)]
  • 定 員:100名 80名(最少開催人員:30名)
    定員を100名に拡大しました。ただし、残りわずかですのでお申し込みはお早めにどうぞ。
  • 主 催:東洋経済新報社CSRプロジェクトチーム(担当:村山・岸本)
  • 協 力:日本橋CSR研究会一般社団法人CSRコミュニケーション協会


◆予定プログラム

  1. ご挨拶(14:00~14:05)

  2. 発表1(14:05~14:55)
    「国内外100の調査を徹底分析!企業がCSR評価に向き合うためのポイントとは」
    日本橋CSR研究会Aチーム代表(発表者:安藤 光展氏)

    ■主な内容(予定)
    ① 国内外の評価機関を洗い出し
    ② CSR調査の全体的な特徴は?
    ③ 企業に及ぼすCSR調査の影響度合
    ④ 調査から得られた知見と提言

  3. 発表2(14:55~15:15)
    「非営利組織と企業の付き合い方」(中間報告)
    日本橋CSR研究会Bチーム(発表者:秋山 宏次郎氏)

    ■主な内容(予定)
    ①企業と非営利組織が互いに期待するものとは
    ②事例から見えてくる企業と非営利組織の連携類型
    ③最終報告に向けた今後の方向性

  4. 休憩(15:15~15:30)

  5. 発表3(15:30~16:20)
    「東洋経済CSR調査・評価を使った社会課題の捉え方」
    日本橋CSR研究会Cチーム代表(発表者:加美山 秀彦氏)

    ■主な内容(予定)
    ① 企業の取り組み状況から優先順位を考える
    ② 選択式設問からわかる社会課題
    ③ 他社動向と自社の比較で見えてくる課題
    ④ 調査項目の変化から社会動向を知る
    ⑤ ランキング上位企業の情報から多くの発見が

  6. 質疑応答(16:20~17:00)
    「日本橋CSR研究会の成果を参加者と共有する」
    <スピーカー>
    ・日本橋CSR研究会Aチーム代表:安藤 光展氏
    ・日本橋CSR研究会Bチーム代表:秋山 宏次郎氏
    ・日本橋CSR研究会Cチーム代表:加美山 秀彦氏
    <モデレーター>
    ・岸本 吉浩(東洋経済新報社『CSR企業総覧』編集長)

    ■主な内容(予定)
    ① 会場からの質問にお答えします。
    ② 研究の苦労話などをお話いただきます。
    ③ 日本橋CSR研究会の発表成果をどのように活用していただきたいか。各チーム代表が熱く語ります。

  7. 閉会のご挨拶


◆講演者・モデレーター・スピーカーの紹介

■講演者・スピーカー

  • 安藤 光展(あんどう・みつのぶ)
    CSRコンサルタント/一般社団法人CSRコミュニケーション協会代表理事
    1981年長野県生まれ。専門はCSR/サステナビリティ領域の、経営戦略、情報開示、企業評価。著書は『CSRデジタルコミュニケーション入門』(共著、インプレスR&D、2016年)、『この数字で世界経済のことが10倍わかる』(単著、技術評論社、2013年)など。2009年よりブログ『CSRのその先へ』運営。

  • 秋山 宏次郎(あきやま・こうじろう)
    こども食堂支援機構代表理事
    大手IT系企業で働く傍ら、他社や行政にソーシャル事業を提案/実現。内閣府への提案案件について受賞するも公的予算が取れなかったことから、こども食堂の支援団体を立ち上げる。現在は発起人として『時給10倍奨学生』など複数の案件を手掛ける。

  • 加美山 秀彦(かみやま・ひでひこ)
    株式会社NTTアド デジタルコミュニケーション局所属
    コーポレートコミュニケーション(広報)系Web施策の企画・実施を主に担当。2002年以来、NTTグループ各社のCSR、環境活動、IRのWeb、レポート、イベント等にも一部携わる。

■モデレーター



◆過去の開催(講演・パネルディスカッションまとめ)


【お申し込み方法】
  1. Peatixでのお申し込み
    チケット購入には
    Twitter、Facebook、Google アカウントまたは「Peatix」へのご登録(アカウントの作成)が必要です。
    「Peatix」へのご登録は無料です。

  2. 電子メールでのお申し込み
    当日お支払となります。こちらのお問い合わせ先にメールでお申し込みください。
    折り返し詳細をお知らせいたします。

Peatixのチケットについて
  1. 右の「チケットを申し込む」から購入枚数を入力してください。

  2. 「支払い方法を選択」からご希望の方法をお選びください(お支払い方法:クレジットカード、コンビニ、ATM)。
    期限以内にお手続きください。

  3. 「ログインへ進む」からログイン方法をお選びください。
    Twitter、Facebook、Google、Peatixのアカウントをお持ちの方は「ログイン」、
    以上のアカウントをお持ちでない方は「Peatixアカウントを作成」で登録してください。

  4. お申込みフォームに必須項目をご入力ください。

  5. お支払いが完了すると、Peatix(本サイト)に登録したメールアドレスに「お申し込み詳細」が届きます。

  6. 当日は下記のいずれかの方法で受付にご提示ください。
    ●スマートフォンアプリで表示
    ●携帯電話の画面にチケットを表示
    ●チケットを印刷

  7. 領収書は基本的にPeatixの領収データをご利用ください。
    領収データのダウンロード方法は?
    ※弊社名での発行が必要の場合は別途こちらのお問い合わせ先にメールでご連絡ください


【企業の方で社内のセキュリティの関係でお申し込みができない場合

可能であればスマートフォンやご自宅などでお申し込みください。
難しい場合は、こちら記載のお問い合わせ先にご連絡ください。
電子メールなどでのお申し込みを承ります。参加費は当日会場でのお支払いとなります。

よくあるお問い合わせについて

  1. 請求書を送って欲しい。
    申し訳ございませんが、請求書によるお支払いは行っておりません。
  2. Webでチケットを確認するには?
  3. チケットをキャンセルしたい。
  4. 領収データのダウンロード方法は?
  5. その他

■Peatixヘルプセンター
http://help.peatix.com/

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#403559 2019-01-22 10:49:41
More updates
Wed Jan 30, 2019
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東洋経済新報社
Tickets
一般 SOLD OUT ¥2,000
サステナビリティフォーラム会員 FULL
Venue Address
東京都中央区日本橋本石町1-2-1 Japan
Organizer
東洋経済CSRプロジェクトチーム
556 Followers